シミの原因は紫外線だけじゃない!シミをつくらないスキンケアのコツ

紫外線がシミの原因っていうのはみんな知ってる常識だけど、日頃のスキンケアでシミをつくっているかも知れないって知ってた?

もちろん紫外線対策は大切。だけど、メラニンをつくらないためには日々のスキンケアがもっと大切。ちょっとしたことに気をつけるだけでもシミ対策ができるよ。

肌はダメージから守るためにメラニンをつくる

紫外線がシミをつくるのは、肌が軽いヤケドになって炎症を起こすから。

炎症が起きると、肌メラノサイトが活性化してメラニンが大量につくられる。普通ならターンオーバーでシミにはならないんだけど、メラニンの量が多いと肌に残って色がついてしまうの。

メラニンは日焼け以外にも、ニキビや肌荒れでも大量にできることがあるよ。シミをつくらせないためにも、ニキビケアや肌に合った化粧品選びは大切だね。

肌トラブルにならない軽い刺激でも、長期的になるとメラニンをつくってしまうことがあるの。

毎日のスキンケアも、肌のダメージになってるかもしれないよ。

メラニンを増やさないスキンケア

顔の肌はとってもデリケート。シャワーを直接浴びることや、こすって洗うことはNG!じゃあ早速、スキンケアのコツを紹介するね。

・化粧水は素手でつける

たっぷりと化粧水を含ませたコットンは、肌にもたくさんの成分を染み込ませてくれそう。でも、肌をできるだけ刺激しないためには、素手で化粧水や美容液を塗ること。

敏感肌の人はもちろんだけど、日焼け後の肌はいつも以上に刺激に弱いの。

化粧水はシャバシャバで肌に染み込んでいかないような気がするだろうけど、肌にある程度つけば十分。ミルクやクリームで潤いをキープしよう!

・クレンジング剤や洗顔料はたっぷり使う

クレンジング剤は多めに使ってマッサージをしてみて。1回の使用量が少ないと汚れも落ちにくいし、肌をこすることにもなるよ。

洗顔はしっかりと泡立たせたものを肌にのせるだけ。洗うときに肌をこする必要はないの。洗浄成分を含んだ泡が弾けて、勝手に汚れを洗い落としてくれるよ。

・すすぎはぬるま湯をすくって

洗浄成分やメイクなどの汚れが肌に残ってしまうと肌荒れの原因に。かといって、洗いすぎは乾燥するから気を付けて。

すすぎに使うお湯は人肌程度のぬるま湯にしよう。肌への刺激を抑えつつ、洗浄成分も汚れもしっかり落とせるよ。お湯は手ですくい上げてすすいでね。

うまくいかないときには、スキンケア商品でカバーしよう。

炎症を抑える注目の成分“グリチルリチン酸ジカリウム”

グリチルリチン酸ジカリウムは、風邪薬や目薬などの一般医薬品に配合される甘草(かんぞう)に含まれる成分で、肌の炎症を抑える働きがあるの。

身近なところでは、日焼け止めやニキビケアなどの美容商品にもよく使われてるよ。

グリチルリチン酸ジカリウムを普段のスキンケアに取り入れると、ニキビや肌荒れ、シミもできにくい肌に整えてくれるからオススメ。

早速今日からスキンケアでシミ対策!