パックシートと美顔器どちらが保湿力が高いのか

あなたは今、手軽なパックシートと、少しお高めな美顔器どちらを使って保湿を行なっていますか?
今回は、パックシートと美顔器、本当のところどちらが保湿力に優れているのかをご紹介します。

パックシートのメリットデメリット

・デメリット

パックシートのデメリットといえば、持続性がない。ということです。パックシートをすれば、その日は潤っていますが、一度洗顔をしてしまうと効果は薄まります。そして、またパックシートをする。パックシートも良いものを使おうとすれば一枚300円程するものもあり、それを毎日使うとなると出費がかさんでしまいます。

・メリット

パックシートのメリットは、とにかく沢山の種類が出ているので購入する時や使っている時に気分が上がります。
色々な香りのものもあるのでお土産にも喜ばれます。そして、なんといっても、たっぷりの水分を含んだシートを付けるとお肌に水分が浸透していく感覚が味わえるなど使用感に満足できることがパックシートのメリットです。

美顔器のメリットデメリット

・デメリット

美顔器のデメリットは、旅先に持っていけない。かさばるタイプの物が多いということです。また美顔器によっては、お風呂上がりに、また美顔器でケアをしなくてはいけなくて疲れている日が続くとサボり気味になり、いつの間にか使わなくなっていた。なんて声もあります。

・メリット

美顔器のメリットは、ひとつでスキンケア全て行ってくれる物が多いということです。
中にはイオン導入によって、お肌の角層の奥まで化粧水の成分を浸透させてくれるものもあります。
また、デメリットであった旅先に持っていけないという問題に対しても今、30代40代に人気のリフトアイロンプロを使えば持ち運び可能です。
また、リフトアイロンプロは防水機能もついているのでお風呂の中で美顔器を使うことが可能!リフトアイロンプロは、今までの家庭用美顔器のデメリットをカバーしてくれる美顔器なのです。
それだけでなく、お値段も2万円と家庭用美顔器ではリーズナブルなお値段です。
機能も優れていて温熱・振動・冷却・プラスイオン・マイナスイオン・EMSと6つの機能を搭載。クレンジングからリフトアップまで、この一台があれば日頃のお肌のお手入れも簡単に行うことが出来るのです。

まとめ

パックシートのメリットデメリットを見てみると、保湿力を感じるのは2つとも同じです。しかし、持続性とコスパ面を長い目で見てみると家庭用美顔機を取り入れた方が、お肌にもお財布にも良いということがわかりました。
今、あなた自身のスキンケアに自身のない方は、ぜひ家庭用美顔器「リフトアイロンプロ」を日常に取り入れてみませんか?