日焼けをした肌シミにならないためのケア方法

夏は気を使っていても日焼けをしてしまうものです。

日焼けした肌は冬になるとある程度、日焼けはとれます。しかし、一番怖いのは、日焼けによるシミです。

日焼けによるシミは、肌の奥にあるメラノサイトが、紫外線からあなたの体を守ろうとして茶色い色をしたメラニン色素を分泌します。

そのメラニンがターンオーバーによって肌の表面に出てくるものをシミといいます。

しかし、若いうちはターンオーバーや新陳代謝が良いのでシミも薄いうちに角質として剥がれ落ちてしまいますが、歳を重ねるごとにターンオーバーが遅くなり消えづらいシミになってしまうのです。

では、そうならない為に、日焼けしてしまった肌をシミにしにくくするためのケア方法は一体どいったものなのでしょうか。

一緒に見ていきましょう。

日焼けをした後の正しいケア方法

日焼けをしたあとは、とにかく早めのケアを心がけていきましょう。

日焼けのお肌は軽い火傷の状態です。放っておくと乾燥を起こしシミだけでなくシワや、肌荒れの原因になってしまいます。

お肌をしっかり冷やしてあげましょう

日焼けをして肌が赤くなっている個所や、気になった部分をしっかり冷たいシャワーを当てたり、濡れたタオルなのでしっかりと冷やしてあげることが大切です。

冷やした後は全身を保湿してあげる

日焼けはお肌の水分を奪い、お肌の水分バランスが崩れてしまっている状態です。

人間は自らの力でつくる水膜というバリア機能が低下している状態なので、そのままでいると更に紫外線を吸収しやすい状態になってしまっています。

そうならない為にも、肌を露出していたところを全てしっかり保湿していきましょう!

そこで、併用して使っていきたいものは「家庭用美顔器」です。

その中でも、コスパがよく機能も満足しているものがCOSBEAUTY Lift Iron Pro(リフトアイロンプロ)です。

リフトアイロンプロは、冷却機能も付いているので日焼けをしたあとの肌の冷却にも最適です。肌に優しいイオン電流を使って化粧水も角質層の奥まで浸透させてくれるので日焼け後のケアにはぴったりです。また大きすぎない形状なので持ち運びにも便利で旅行などにも手軽に持って行くことが出来るのもポイントです。

まとめ

シミを作らないためには、日焼け後の早めのケアがとっても大切だということがわかりました。

夏は楽しみたい!という気持ちはわかるのですが、将来あなたがシミで悩まされない為にも、いまのうちからしっかりとケアをしながら夏を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です